The second feature film that I have seen by the director “Lucky” McKee is The Woods. It unfortunately went straight to DVD, which is surprising given the very high production values and level of acting shown by the excellent cast. The Woods is a more traditional horror movie centred around an all girls boarding school deep in the titular woods. It is a 60s period piece with a more magical than horror theme and brings to mind British horror movies of the era it depicts. The set designs and costumes are impeccable and it also features the legendary Bruce Campbell of Evil Dead fame.

Lucky also directed an episode of the Masters of Horror series that I reviewed earlier.

Apparently a sort of sequel to May was released at the end of last year called Roman. I have yet to see it but it sounds intriguing, as roles have been reversed this time with Lucky in the lead role and Angela Bettis in the directors chair.

次に紹介したいEdward “Lucky” McKee監督の映画は「The Woods」。
この映画は残念なことに上映 されることなく直接DVDとして発売された。
その割には、凄く質が高くて出演者全員の演技が素晴らしい!
The Woodsはもう少し伝統的なホラー映画で、森の中の全寮制女子高校を舞台にしてる。
テーマ的にはホラーというより魔法の話に近くて、1960年代を舞台にしている� けに、その時代のイギリスホラー� 画を思い出させる。
セットやコスチューム など全て完璧。そしてボーナスとして、伝説のホラー役者Bruce Campbell(死霊のはらわた等)が特別ゲスト出演している!

Lucky氏はこの間紹介したホラーシリーズMasters of Horrorにも1エピソードを監督している。
話によると、去年の年末辺りにMayの続編のような映画「Roman」がリリースされたらしい。
まだ見てないけど、興味深いことに今回Lucky氏が主人公を演じ、監督はなんとMayを演じたAngela Bettis。