The final wave of Calling All Cars is almost ready for launch.
Before I push the button, here is an introduction to the featured artists and their cars.

First up is a rather smooth skeleton from my friend and fellow Gravity member Yasushi Hamada.
Yasushi is usually known for his intricate skull-and-bone-based jewelry and he has applied the same asthetic to this car.

Next we have another funky French number in the form of “Kenny” by illustrator Julien “Fasmer” Gendron.
Julien has an awesome portfolio of work that can be seen on his blog here.

Number 3 needs no introduction. This is another homage to a famous car, this time KITT from Knight Rider.
A simple but very effective design from paper artist Zerolabor.
Zerolabor’s papercraft creations can be found here
.

Following close behind is this colourful introduction to Indonesian culture from Idham Mahardhika.
This car is modeled on the “angkot”, a form of transport found in Bandung, Indonesia.
Idham had many fantastic paper creations that can be seen here.

Lastly we have a humourous but rather reckless driver named Horrorzozz from artist KNGL.
KNGL produces all kinds of toys and customs that can be seen on his blog here.

This wave will be released very shortly. Keep ’em peeled.

「Calling All Cars」の最後のシリーズをそろそろリリースする予定。
その前に今回フィーチャーされるアーティストと作品を紹介する。

一台目は僕の友人でGravityのメンバーの濱田靖士によるお洒落な骸骨。
普段濱田くんは凄く細かい骨型のシルバーアクセサリーを作っていて、同じタッチをこの作品に応用。

次はフランス人イラストレーターJulien “Fasmer” Gendronのファンキーなキャラクター「Kenny」。
Julienは幅広く色んな素晴らしい作品を作っているので是非彼のブログを見てください。

三番目の車は説明は要らないかも?アメリカ80年代のヒットシリーズ「ナイトライダー」の「KITT」。
KITTは高性能人工知能を搭載したドリーム・カーなので運転手は必要ない!
ペーパーアーティスト「Zerolabor」によるシンプルで面白いデザイン。

四台目はインドネシアの「Idham Mahardhika」のカラフルな作品。本場の雰囲気が満タン!
この車は実際に存在するバンドン市の独特な乗物「angkot」をベースにした。
Idhamのブログでは色んな素敵なオリジナルペーパークラフトが紹介されている。

最後はアーティストKNGLによるユーモアたっぷりのちょっと危ないドライバー。
KNGLはペーパークラフトだけではなくて、プラスチックのおもちゃなども作っている。
彼のブログはこちら

近々全デザインをリリースする予定なのでブログを要チェック!