Horrorwood is Jack Hankins, a British illustrator and paper toy designer currently living in Japan.
Jack likes to draw nasty beasts of all varieties.
A more detailed profile can be found here

You can contact the artist at info(at)horrorwood.info or through the contact page.

Posts tagged "Art"

Eenik Warrior

Here are 2 more pieces that I did for my friend’s band Eenik.
The first one turned out to be some kind of Samurai.
Again, I got some feedback from the band which helped create a much better end result.
I adjusted a few elements and changed the colour scheme to neon which I think works surprisingly well.

The second piece was more of an experiment in new techniques.
I reworked an old unfinished illustration and tried out some dirt and paint effects.
The logo at the bottom was created by my friend front-man Craig and will probably be used by the band from now on.
This one will probably not be used by the band but it was a good experiment nonetheless.

A few days ago I received a physical copy of Eenik’s new album “Oddomatic”.
The artwork on the case is fantastic and was also created by Craig.
I of course highly recommend the album. You can listen to a sample and purchase directly from the band’s blog.

アメリカ人の親友Craigのバンド「Eenik」のためにさらに2枚のイラストを描いた。
最初はこちらの侍らしいデザイン。
今回もバンドからフィードバックを頂いたので、いくつかの変更した。
Craigのお勧めのネオン色が意外といい感じだと思う。

2枚目は新しいテクニックを試すための実験だった。
昔描いた未完成のイラストを書き直して、色んな汚れ加工を使って見た。
ちなみに下の方のロゴはCraigがデザインしたもので、多分これからバンドの正式ロゴになる。
最終的にはきっとこのイラストは使わないと思うけど、いい実験になった。

先週Craigから新アルバムのCDを頂いた。
ジャケットのアートは全てCraigがデザインして、凄くいい感じ。
もちろん音楽もお勧め。バンドのホームページで試聴/購入することが出来る。

Tags: , , , ,

Illustration Update

Here are 3 more illustrations that I recently completed.
First up is “Dawn of the Plaid”, my favourite of the bunch.
I became a little obsessed with creating tartan patterns a while back and this is the result.
I created all of the patterns used in the piece from scratch.

Next is my second “Death Mask”.
This one was supposed to be South American in theme but ended up looking more North American.

Lastly “Best Fiends”.
This is my first attempt at illustrating directly on a photo.
I am not wholly satisfied with the results but is was a good exercise nonetheless.

“Dawn of the Plaid” and “Death Mask 2” are both available as prints from my Society 6 shop.
最近描いたイラストを3枚紹介します。
最初は個人的に一番気に入っている「Dawn of the Plaid」。
この間タータン・チェックにはまったしまった結果がこれ。
ちなみにこのイラストに使っているパターンは全部自分のオリジナル。

次は2番目の「Death Mask」。
実は南米の雰囲気を出したかったけど、最終的に北米的なものになった。

最後は「Best Fiends」。
このイラストで初めて写真に直接キャラクターを描いてみた。
何かちょっと物足りない感じ気がするけど、このテクニックを試すいい練習になった。

「Dawn of the Plaid」と「Death Mask 2」は僕の「Society 6」ウェッブショップにて購入することが出来る。

Tags: , ,

Eenik

My good friend Craig’s band Eenik have been working on their first album for the last 5 years.
The hard work has finally paid off and their debut “Oddomatic” was released last month.
You can listen to/purchase the album by visiting the band’s homepage here.
Eenik’s music is an eclectic mix of many styles and I can guarantee that you have never heard anything like it before.
In celebration of the release I created the poster above for the band.
This image should make it on to a t-shirt soon.
I will hopefully be working a lot with the band from now on and am looking forward to trying out many new styles.

僕の親友Craigのバンド「Eenik」は5年間年の努力の末、先月初アルバムをやっとリリースした。
タイトルは「Oddomatic」で、バンドのホームページで試聴/購入することが出来る。
Eenikの音楽には幅広いスタイルが含まれて、きっと聞いたことないサウンドだと思う。
アルバムのリリースを記念して、僕は上のポスターを描いた。
近々Tシャツにしてくれるらしいので、楽しみにしている。
これからEenikと色んなコラボをする予定で、色んなアートスタイルも試してみたい。

YouTube Preview Image

Tags: , , , ,

Back to the Drawing Board

After a year of doing almost nothing but papercraft, I have decided to get back into illustration.
Here are the first 2 pieces from my new batch.

Firstly “Death Mask 1”. With this piece I wanted to create something like an old book plate with a lot of details. Hopefully there will be a whole series of these masks as I like the style.

Secondly “Down and Out”. I wanted to test some different techniques with this one and so tried to mix photographic elements with straight vectors.

Keep your eyes peeled for many more illustrations to come.
I have also just joined the wonderful art community site Society 6 where I will be making some of my pieces available for purchase as prints.
I will of course still be producing paper toys, but intend to release just a few high quality pieces every now and then.

この一年は殆どペーパークラフトしか作っていなかったけど、この間もっとイラストを描きたいと再び思い始めた。
なので、今からイラストの方にも力を入れようと決め、早速新作を2枚描きました。
最初は「Death Mask 1」(死面)と言うイラスト。この作品は昔のエッチングの様な雰囲気を出したかった。
細かく描くこのやり方をかなり気に入ったので、シリーズにするのもいいなと思った。
二枚目は「Down and Out」(路上生活者)。
こちらは写真とイラストの部分をミックスするという新しいテクニックを試してみた。
これからイラストをどんどん描くつもりなので、また近々ブログにアップします。
最近素晴らしいアートのコミュニティ・サイト「Society 6」に参加したので、そのサイトを通していくつかのイラストを高画質のポスターとして販売する予定。
もちろんペーパークラフトも作り続けます。
ただ今までのようにシリーズものなのでどんどん作っていくのではなく
もっと時間をかけて作る【大作】を定期的にリリースしたいと思っています。

Tags: ,

Artist of the Week: Sadam

This week I would like to introduce Japanese pen and ink artist Sadam.
Though not as well known as Usugrow and the like, Sadam seems to be equally proficient.
Beautiful and intricate black and white imagery.

Sadam has produced some album covers and also seems to be heavily involved in the skate scene.
Check out his website for a gallery of his work and also access to limited art prints and t-shirts.

今週は日本人アーティスト「サダム」を紹介したい。
僕はサダムは「USUGROW」などのより知名度の高い日本人アーティストと同じぐらい上手いと思う。
彼の作品は細かくて美しい白黒ペンとインクイラスト。

バンドのアルバムジャケット、Tシャツなどが多く、スケボーシーンにも深い関係を持っているようです。

サダムのホームページにアクセスすると、作品のギャラリーや限定品のショップを楽しめる。

Tags:

More Dots

Here are a couple more sketches that I came up with recently.
These are a little more detailed than my previous efforts and I am continuing to try out the “dot technique” and explore textures.
If you are careful and inventive I think that a lot can be done with just a pen.
I still have a long way to go but I’m enjoying doing some “real” drawing again.

最近描いたスケッチを2枚紹介します。
前アップしたやつより細かくしてみた。「ドット」のテクニックで色々試して、どういうテクスチャー(質感)が出来るかを実験している。
色々工夫して丁寧に描いて行ったら、黒ペンだけで幅広い作品を生み出せると思う。
僕のテクニックはまだまだ未熟だけど、「本当の絵描き」を久しぶりに楽しんでいる。

Tags:

Back to Basics

Over the New Year, I decided to get away from the computer and try to draw some things by hand for the first time in a long while.

At the moment I am working on my pen techniques and sticking to black and white images. I took the lead from an artist friend of mine who spends hours making highly detailed images by using only minute dots.
I found that though time consuming the technique is to my liking and the results are very pleasing.

Here are my first few attempts (a lizard man and a zombie cactus…).

Note: the strange colouring is from the scanning.

年末に久しぶりにパソコンから離れて、手描きにチャレンジしようと決めた。
今はペンだけを使って、色んな白黒テクニックを試している。
アーティストの友人のやり方を真似して、時間をかけて細かいドットで描こうとしている。
このテクニックは確かに時間かかるけど、いい結果が出るから、結構気に入った。
最初の2枚を紹介します(蜥蜴男とゾンビのサボテン…)。

※画像の変な色はスキャナーのせいです。

Tags:

Artist of the Week: Skinner

These Mountains Of Madness, These Desperate Gods Of War

These Mountains Of Madness, These Desperate Gods Of War

I decided to start a feature imaginatively entitled “Artist of the Week”.
Though it may not be every week, I hope to regularly introduce the work of artists that I am into at the moment.

I’d like to begin with the awesome psychedelic work of “Skinner“.
Skinner’s work features neon-coloured monsters and medieval warriors involved in scenes of brutal carnage.
The detail and intensity of his paintings blew me away when I first saw them.
His work has been featured in various magazines and he seems to have strong links with the skate and surf scenes.

You can see more of Skinner’s work over at his official website.

Aztec Death God

Aztec Death God

「今週のアーティスト」という新コーナーを始めようと思った。
毎週にはならないと思うけど、これから定期的に僕の気に入りのアーティストを紹介する予定。

最初のピックアップは「Skinner」というサイケデリックなアーティスト。
Skinnerの作品には大量殺りくを引き起こしているモンスターや戦士などがネオンカラーで描かれている。
初めて彼の絵を見た時に、その細かさと強烈さに吹き飛ばされた。
彼の作品は色んな雑誌に掲載されていて、スケボーやサーフィンのシーンに深い関係があるらしい。

Skinnerの正式ホームページでたくさんの作品が載っているので是非見てみてください。

A Shadow Out Of Time

A Shadow Out Of Time

Tags:

Ouch

I haven’t had a chance to do many illustrations recently, but in the lead up to my exhibition I did manage to get one done. I decided for some reason to come up with something completely gruesome and the result was this illustration entitled “Ouch”. As gruesome as it is, I did still try to keep a pop aesthetic and I think the colours also help to soften the blow somewhat.

最近はあまりイラストを描く余裕がなっかたけど、展示会の準備をしている間に一枚だけ完成した。
なぜか、本当にグロイものを描きたくなって、結果は以下のイラスト。タイトルは「Ouch」(イタッ)。
グロイっちゃグロイけど、まだポップな雰囲気があって、特に色使いによってちょっと軟らかくなったと思う。

Tags: ,

The Art of Skulls

Last week I received a batch of the latest issue of “I Want Your Skull” magazine from my friend Ryan August.
As I mentioned before, my illustration features in this issue so I was suitably excited to get my paws on the magazine.

Though I do say so myself, I think this issue is one of the best so far. For this issue Ryan decided to go with only illustrations and no articles and I think this was a good decision, as it makes for a very pure and clean aesthetic.

The magazine is available directly from Ryan through the I Want Your Skull website, and also from me if anyone happens to be in Japan.

Below is the illustration that I submitted for this issue, entitled originally enough “I Want Your Skull”.

先週ネット友のRyan Augustさんから、雑誌「I Want Your Skull」の最新号を何冊か送って頂いた。
前にお知らせした様に、今回は僕のイラストが載っているので、もちろん出版されるのを楽しみに待っていた。
自分で言うのも何だけど、この号もかなり面白いものとなっている。
今回はRyanさんは、あえて文章なしのオール・イラスト版にした。
新鮮で美学的な印象があり、大成功だと思う!

興味ある方はRyanさんのウェブサイト「I Want Your Skull」から直接注文できます。
もしくは日本にいらっしゃる方は、僕の方からも注文可能です。

以下は本号に載っている僕のイラスト。
題名はもちろん「アイ・ウォント・ユア・スカル」。

Tags: , , , ,

Eric Talbot

 

There is nothing I find more satisfying than getting a piece of original artwork from a friend or acquaintance.
A while back an internet acquaintance of mine, the highly talented comic book artist Eric Talbot, expressed an interest in my skullboy t-shirts.
A few months ago I found that I had one of the shirts hidden away in a cupboard and so I decided to send it to Eric. In return Eric was kind enough to send me the illustration pictured here. Needless to say I was over the moon.
It is great to hold traditional artwork of this quality in one’s own hands, especially as someone who does everything digitally.
Eric has several excellent blogs on which he regularly introduces his artwork. Please take a look:
BLARGH!
SKULL FINK
BLOG SOGOTH

知り合いや友達のアーティストからオリジナルなアートを頂くのは何よりも嬉しい。
だいぶ前にネットで知り合った、非常に腕の上手い漫画アーティスト、Eric Talbotさんが、僕のSkullboyのTシャツに興味を示してくれた。
数ヶ月前に物置の奥から残りの一枚が出て来て、Ericさんに送ろうと思った。
お返しにEricさんはここに紹介しているイラストを送ってくれた。ものすごく嬉しかった!
僕は最近作品を全てパソコンで作っているので、この様な本物の手描きのイラストを目の前にしたら、本当に感動した。
Ericさんはいくつかのブログを持っていて、定期的に作品をアップしているので、是非見てみてください:
BLARGH!
SKULL FINK
BLOG SOGOTH

 

Tags: ,

Shirt Killer

 

Thanks to my friend Ryan August‘s site I Want Your Skull, I have recently been introduced to many great new artists and websites.
One of my favourite artists of late is John Baizley. Not only is John an amazing artist but he also fronts the metal band Baroness from Savannah, Georgia. He designs many of the jackets for his band’s CDs and also creates artwork for great bands such as Kylesa.
Many of his designs are available in t-shirt form and I recently purchased two of them (see above) at a very reasonable price from the excellent Shirt Killer.
See John and his band in action in the clip below.

友達のRyan Augustさんのブログ「I Want Your Skull」のおかげで色んな面白いサイトやアーティストを発見した。
最近一番好きなアーティストの一人はJohn Baizley。Johnはハイレベルなアーティストだけではなくて、その上ジョージア州のメタルバンド「Baroness」のリーダーとして活躍している。
彼は自分のバンドのアルバムジャケットをデザインしていて、「Kylesa」などの他のメタルバンドのためにもイラストを描いている。
そのデザインのいくつかはTシャツにもなっていて、この間僕はShirt Killerという、いい感じのサイトから2枚を購入した(上)。
以下Johnのバンドの映像を紹介します。

Tags: ,