Horrorwood is Jack Hankins, a British illustrator and paper toy designer currently living in Japan.
Jack likes to draw nasty beasts of all varieties.
A more detailed profile can be found here

You can contact the artist at info(at)horrorwood.info or through the contact page.

Posts tagged "Friends"

Esoteric Nanibirds

Here are my 2 latest customs for the 4th (and possible final) Batch of Josh McKible’s Nanibirds.
This time Josh managed to assemble 40 fantastic designs from around the world.
As usual with my Nanibird customs I went overboard and made a pair. These 2 are called “Esoteric Day” and “Esoteric Night”. As the title would suggest I went and covered them with as many esoteric and occult signs and symbols as I could.
They are however not completely random and I did quite a lot of research to make sure that everything I used is not just nonsense.
As you can see they also fit together by virtue of a Master Mason’s handshake.
Click here to go get ’em.

最新のペーパークラフトカスタムを2個紹介します。
Josh McKibleさんのNanibirdの新シリーズのために作ったもの。
第4シリーズでもしかすると最後になるかもしれません。
今回Joshさんは色んな国から見事なデザインを40個も集めました。
僕はまたまた1個だけではなく、2個のセットを作ってしまった。
タイトルは「Esoteric Day」と「Esoteric Night」。
文字の通り(Esoteric=奥義、秘伝など)神秘的なシンボルだらけにした。
しかし、ちゃんとシンボルの意味も研究したので、完全に適当というわけではない。
2個を組み合わせたら、フリーメーソンの「秘密の握手」をする。
ここをクリックしたら無料でダウンロード出来ます。

Tags: , , , , ,

Papertoy Monster Day

To celebrate the launch of the amazing new book Papertoy Monsters which features 2 designs by yours truly, Workman Publishing has dubbed January 25th Paper Monster Day. The author of the book paper-pal Castleforte and Workman have come up with all kinds of things to promote the book. Here is a sample:

My contribution to the book is the 2 monsters below “Lord Leonard” and “Lambert”.
They slot together to form a rather nifty desk tidy.
More details to come, as I haven’t actually received a copy of the book myself yet…

僕のデザインが2つ掲載されたペーパークラフト集「Papertoy Monsters」が先日発売されました。
自分で言うのもなんですが素晴らしい一冊です。
発売の記念として出版社の「Workman Publishing」は1月25日を「Paper Monster Day」と名付けました。
作者のCastleforteさんとWorkman社はこのために色々特別なイベントなどを企画しました:

以下が今回掲載された僕の2作品「Lord Leonard」と「Lambert」。
二つのクラフトを合体させると素敵な文房具収納ボックスになります。
とはいえ本のサンプルがまだ届いてないので、詳細は又後でアップします。


Tags: , , , ,

RIP Ryan August Skull King

Please send Paypal donations to eyewantyourskull(at)gmail.com.
You can download the toys by clicking here.

今年7月に友人のアーティストRyan Augustさんが悲惨な事故で亡くなりました。
Ryanさんを追悼して、このペーパークラフトを作りました。
ここをクリックしたら無料でダウンロード出来ますが、Ryanさんの家族のために寄付を募ります。
Paypalを通して、以下のアドレスへ寄付を送ってください:
eyewantyourskull(at)gmail.com

Tags: , , , ,

I Want Your Skull 9

Firstly I must apologise to anyone who tried to visit my site over the last 3 weeks and found that it had been
listed as an attack site by Google. Some kind hacker found their way into my blog.
Thanks to the efforts of a computer literate friend of my mine things are finally back to normal.
Again, many apologies for the inconvenience.

Back to the case in hand. I returned from my holiday in the UK to find a very welcome package from America. It was also however tinged with much sadness as I received a stack of the latest I Want Your Skull magazines. This was the last issue of the magazine made before Ryan August passed away and the package also included a very kind note from his wife Sarah.

Issue 9 is as always of the highest quality and includes art from some real heavy hitters such as Brian Morris and Hydro74. I think that it is a fitting tribute to all the hard work and passion that Ryan put into this project. My humble contribution can be seen above. The brief was to create something on the theme of “Rebellion” and my piece is called “The Endless Struggle”. I was working again with symmetry and esoteric symbolism.

R.I.P. Ryan.

最初におわびすべきことがあります。この3週間僕のホームページがダウンしました。
なぜかと言うとハッカーがサイトに侵入して内容を改ざんしたため。
そのせいでしばらくグーグルのブラックリストに載せられた。
しかし、パソコンに詳しい友達に助けてもらって復旧した。

本題に戻ると、先日アメリカから小包が届いた。
その中身は「I Want Your Skull」雑誌の最新版。もちろん頂くのは嬉しかったけど、同時にとても悲しい気持ちも感じて。
というのも編集者のRyan Augustさんが亡くなる前の最後の一冊だったから。
またRyanさんの妻Sarahさんから優しい手書きの手紙も入っていました。

今回の雑誌も相変わらずレベルが高く、Brian MorrisHydro74などのアート界の大物も参加している。
このプロジェクトに対するRyanさんの熱意や努力表す素晴らしい1冊となった。
わずかながら記載された僕の作品は上記。
頼まれたテーマは「反乱」でこの作品のタイトルは「終わることのない闘い」。
またシンメトリや秘伝的なシンボルで遊んで見ました。

Ryanさんのご冥福を心よりお祈りします。

Tags: , , , ,

R.I.P. Ryan August

Earlier this week I received some incredibly sad news.
Ryan August of I Want Your Skull was killed in a car crash on Saturday July 11th.
He was driving home with his son in a storm when his car hit a tree.
Luckily his son survived with minor injuries but Ryan died on impact.

You have probably noticed Ryan’s name mentioned regularly on my site.
Though I have never met him in person, I felt like we had become friends through our email communications.
I was invited several times to contribute illustrations to his magazine and this culminated in our paper toy collaboration Skull King.
My illustrations for IWYS were the first time that I had had anything in print so it really meant a lot to me.
Ryan was also an enthusiast of Japanese tattoo culture and I used to enjoy sending him packages of bizarre books.

The internet is a strange place. Making friends over the net is great but hearing of their death in the same way is just bizarre.
My thoughts are with Ryan’s wife Sarah and his son Declan.

I hope to do some kind of artwork as a small tribute to Ryan in the near future as I cannot really think of any thing else I can do.

先週凄く悲しいニュースがありました。
「I Want Your Skull」のRyan Augustが11日に交通事故で亡くなりました。
家に帰っている途中嵐に襲われて木に衝突した。
息子さんも一緒に乗っていましたが運良く軽傷で済んだ。

このブログでRyanさんの名前を何回も見たと思います。
残念なことに直接会う機会はなかったものの、メールのやりとりで僕達は友達になったと感じました。
Ryanが編集している雑誌に3回ほどイラストを載せて頂いたり、先月合作のペーパークラフトシリーズ「Skull King」も完成したばかり。
初めて作品を雑誌に載せてもらったことは、僕にとって凄く大事なきっかけでした。
Ryanさんは日本のことに非常に興味を持っていました。
日本の刺青文化に特に好きだったので、色んなな珍しい本を彼に送ってあげるのが僕の楽しみだった。

インターネットというのは本当に不思議。ネットのおかげで色んな友達が出来たが、友達が死んでしまったことをネットで知るのは本当に変な気持ち。
Ryanの妻のSarahさんと息子のDeclan君の心痛を心よりお察し致します。

Ryanを追悼して、何かのアートプロジェクトを始める予定。

Tags: ,

Skull King Artist Customs

You may remember my Skull King paper toy that was released as an exclusive free gift with the last issue of I Want Your Skull magazine.
Well, Ryan of IWYS and I got together and decided to recruit some artists to customize my craft.
We ended up with 7 fantastic designs from various artists who have previously contributed to IWYS magazine.
This time all of the designs are available for free download and we have split the series into 2 sets, which can be downloaded exclusively from our respective sites.
Click the relevant image to go grab those Skull Kings!
There may be more to come in the future so keep ’em peeled.

数ヶ月前にスカルアート雑誌「I Want Your Skull」のために特別のペーパークラフト「Skull King」を紹介した。
おかげさまで好評だったので、色んなアーティストにSkull Kingのカスタムを作ってもらうことにした。
その結果7個の素敵なデザインができた。
参加してくれたアーティストはみんな以前IWYS雑誌にイラストを提供したことがある。
今回のデザインは2つのセットにわけて、1つは僕、ホラーウッドから、もう1つIWYSホームページから無料でダウンロード出来ます。
セットの写真をクリックしたらすぐゲット出来ます。
将来的に又デザインをリリースするかもしれないので、このブログを要チェック!

Tags: , , , ,

Better Late Than Never

This is very late but here are another 2 of my paper toy customs that are now available for download.

Firstly we have a special Calling All Cars toy that I did in collaboration with ToysREvil.
Some of you may remember that I first created this toy for sale at the Singapore Toy, Games & Comic Convention 2009.

In celebration of 5 years of the ToysREvil blog I remixed the design as a special birthday version that can now be downloaded for free.
Click here or the banner above to go grab it. More pics on my site here.

Secondly we have one of my most eleborate custom pieces to date, which I did for Marko Zubak’s wonderful ye-boT initiative. He is called “The Guardian”.

Marko displayed his work along with customs from many international artists at a special exhibition in Croatia. It was all very professionally done and Marko even produced a very nice catalogue for the show.

You can download the designs and find out more about the project at the dedicated ye-boT site here.
More pics on my site here.

Marko also produces a very high level PDF paper toy magazine called “II LOVE” and in the latest issue (#5)
he was kind enough to feature my work along with an interview. You can download your copy for free by clicking here.

大変遅くなりましたが、僕がカスタムしたペーパークラフトを2個紹介します。

最初はおもちゃニュースブログ「ToysREvil」のために作った特別な「Calling All Cars」カスタム。
見覚えある方もいるかもしれませんが、このキャラクターは去年シンガポールのおもちゃ展覧会「STGCC」の限定商品としてリリースした。
今回は「ToysREvil」の5年記念のために誕生日バージョンとして作り直した。
ここか上の画像をクリックしたら無料でダウンロード出来ます。
詳しい写真はこちら

次は多分今まで僕の一番細かいカスタムになる。Marko Zubakの「ye-boT」プロジェクトのためにデザインした「The Guardian」。
Markoは世界の色んなアーティストからデザインを募集して、母国のクロアチアで特別な展示会を開催した。
写真で拝見しただけですが、凄くハイレベルなイベントだった。Markoは素敵な展覧会カタログまで作ってくれた。
ここをクリックしたらye-boTの専用サイトから色んなデザインをダウンロード出来る。展示会の写真も載っています。
僕のデザインの詳しい写真はこちら

他にもMarkoは豪華なペーパークラフトのPDF雑誌も作っています。
最新版(#5)には僕の作品集とインタビューを載せてくれました。しかも10ページほど!
ここをクリックしたら無料でダウンロード出来ます

Tags: , , , , , , ,

Dog Rider

Tags: , , , , ,

Oddomatic

Here is my latest illustration entitled “Oddomatic”.
Some of you may remember that this is the same title as my friend’s band Eenik‘s debut album.

Though this piece was not done directly for the band, I ran with the word Oddomatic to see where it would take me. As you can see the result is a rather messy box of cereal, spilling muck and free gifts onto the breakfast table.

This one took me quite a long time, but I am very pleased with the result.
Hopefully this one will also turn into a poster or appear on a T-shirt at some point.

最新のイラストを紹介します。タイトルは「Oddomatic」。
実は友人のバンド「Eenik」のデビューアルバムと同じタイトル。
これは直接バンドのために描いたわけではないけど、「Oddomatic」という言葉(造語)から何が浮かんで来るか、という実験でした。
出来上がったのが、このちょっぴり汚いシリアルの箱。
朝ごはんのテーブルの上に色んなゴミとおまけの玩具が落ちて来る。
このイラストはかなり時間かかったけど、いい結果が出たと思う。
これもいつかポスターかTシャツにする予定。

Tags: , , , ,

Eenik Warrior

Here are 2 more pieces that I did for my friend’s band Eenik.
The first one turned out to be some kind of Samurai.
Again, I got some feedback from the band which helped create a much better end result.
I adjusted a few elements and changed the colour scheme to neon which I think works surprisingly well.

The second piece was more of an experiment in new techniques.
I reworked an old unfinished illustration and tried out some dirt and paint effects.
The logo at the bottom was created by my friend front-man Craig and will probably be used by the band from now on.
This one will probably not be used by the band but it was a good experiment nonetheless.

A few days ago I received a physical copy of Eenik’s new album “Oddomatic”.
The artwork on the case is fantastic and was also created by Craig.
I of course highly recommend the album. You can listen to a sample and purchase directly from the band’s blog.

アメリカ人の親友Craigのバンド「Eenik」のためにさらに2枚のイラストを描いた。
最初はこちらの侍らしいデザイン。
今回もバンドからフィードバックを頂いたので、いくつかの変更した。
Craigのお勧めのネオン色が意外といい感じだと思う。

2枚目は新しいテクニックを試すための実験だった。
昔描いた未完成のイラストを書き直して、色んな汚れ加工を使って見た。
ちなみに下の方のロゴはCraigがデザインしたもので、多分これからバンドの正式ロゴになる。
最終的にはきっとこのイラストは使わないと思うけど、いい実験になった。

先週Craigから新アルバムのCDを頂いた。
ジャケットのアートは全てCraigがデザインして、凄くいい感じ。
もちろん音楽もお勧め。バンドのホームページで試聴/購入することが出来る。

Tags: , , , ,

Eenik

My good friend Craig’s band Eenik have been working on their first album for the last 5 years.
The hard work has finally paid off and their debut “Oddomatic” was released last month.
You can listen to/purchase the album by visiting the band’s homepage here.
Eenik’s music is an eclectic mix of many styles and I can guarantee that you have never heard anything like it before.
In celebration of the release I created the poster above for the band.
This image should make it on to a t-shirt soon.
I will hopefully be working a lot with the band from now on and am looking forward to trying out many new styles.

僕の親友Craigのバンド「Eenik」は5年間年の努力の末、先月初アルバムをやっとリリースした。
タイトルは「Oddomatic」で、バンドのホームページで試聴/購入することが出来る。
Eenikの音楽には幅広いスタイルが含まれて、きっと聞いたことないサウンドだと思う。
アルバムのリリースを記念して、僕は上のポスターを描いた。
近々Tシャツにしてくれるらしいので、楽しみにしている。
これからEenikと色んなコラボをする予定で、色んなアートスタイルも試してみたい。

YouTube Preview Image

Tags: , , , ,

Custom Crazy

This is well overdue, but last month I went a little crazy and did a load of papercraft customs.
First up is a set of designs I did for Morgan Gleave‘s great new series “Anywere DIY”.
This 2 character set is called “Mutual Appreciation” and shows that a monster and a regular guy can be friends.
More details can be found here and the models can be downloaded from Morgan’s site here.

Next up is my custom for probably the most prolific papercraft series out there “Cubeecraft”.
Cubeecraft models are usually based on existing characters but recently a “Designer Originals” series was added. I jumped on this opportunity and came up with my character “So So Death”, a kind of preppy zombie.
More details here and download the model directly from Cubeecraft here.

I had great fun customizing both of these.
You may also notice a theme developing with my greyscale skulls.
I kind of got hooked on this look after my last illustration for I Want Your Skull magazine.

ニュースというには大分遅くなってしまったけど、先月ペーパークラフトのカスタムを作るのに夢中になり、色んな作品が完成した。
最初はMorgan Gleaveの新しいカスタムシリーズ「Anywere DIY」のために2個セットを作った。
このキャラクターは「Mutual Appreciation」(相互称賛)と名づけられて、モンスターと人間は仲良く出来るというテーマです。
詳細はこちら。テンプレートはMorganのホームページから直接ダウンロード出来ます。

次は世界一多作のペーパークラフト・シリーズ「Cubeecraft」のカスタム。
Cubeecraftのクラフトは主に有名なキャラクターに基づいているけど、最近「Designer Originals」というアーティストのオリジナル・キャラクターシリーズも出た。
この機会に僕のキャラクター「So So Death」を出品した。お坊ちゃん風のゾンビです。
詳細はこちら。テンプレートはCubeecraftのホームページから直接ダウンロード出来ます。

このカスタムを作るのは凄く楽しかった。
気づいた人いますか?実はこの白黒のスカルは僕の最近の気に入りのキャラクター。
この前「I Want Your Skull」雑誌に出品したイラストに初めて登場して、それからちょっとはまってしまった。

Tags: , , , ,