Horrorwood is Jack Hankins, a British illustrator and paper toy designer currently living in Japan.
Jack likes to draw nasty beasts of all varieties.
A more detailed profile can be found here

You can contact the artist at info(at)horrorwood.info or through the contact page.

Posts tagged "I Want Your Skull"

RIP Ryan August Skull King

Please send Paypal donations to eyewantyourskull(at)gmail.com.
You can download the toys by clicking here.

今年7月に友人のアーティストRyan Augustさんが悲惨な事故で亡くなりました。
Ryanさんを追悼して、このペーパークラフトを作りました。
ここをクリックしたら無料でダウンロード出来ますが、Ryanさんの家族のために寄付を募ります。
Paypalを通して、以下のアドレスへ寄付を送ってください:
eyewantyourskull(at)gmail.com

Tags: , , , ,

I Want Your Skull 9

Firstly I must apologise to anyone who tried to visit my site over the last 3 weeks and found that it had been
listed as an attack site by Google. Some kind hacker found their way into my blog.
Thanks to the efforts of a computer literate friend of my mine things are finally back to normal.
Again, many apologies for the inconvenience.

Back to the case in hand. I returned from my holiday in the UK to find a very welcome package from America. It was also however tinged with much sadness as I received a stack of the latest I Want Your Skull magazines. This was the last issue of the magazine made before Ryan August passed away and the package also included a very kind note from his wife Sarah.

Issue 9 is as always of the highest quality and includes art from some real heavy hitters such as Brian Morris and Hydro74. I think that it is a fitting tribute to all the hard work and passion that Ryan put into this project. My humble contribution can be seen above. The brief was to create something on the theme of “Rebellion” and my piece is called “The Endless Struggle”. I was working again with symmetry and esoteric symbolism.

R.I.P. Ryan.

最初におわびすべきことがあります。この3週間僕のホームページがダウンしました。
なぜかと言うとハッカーがサイトに侵入して内容を改ざんしたため。
そのせいでしばらくグーグルのブラックリストに載せられた。
しかし、パソコンに詳しい友達に助けてもらって復旧した。

本題に戻ると、先日アメリカから小包が届いた。
その中身は「I Want Your Skull」雑誌の最新版。もちろん頂くのは嬉しかったけど、同時にとても悲しい気持ちも感じて。
というのも編集者のRyan Augustさんが亡くなる前の最後の一冊だったから。
またRyanさんの妻Sarahさんから優しい手書きの手紙も入っていました。

今回の雑誌も相変わらずレベルが高く、Brian MorrisHydro74などのアート界の大物も参加している。
このプロジェクトに対するRyanさんの熱意や努力表す素晴らしい1冊となった。
わずかながら記載された僕の作品は上記。
頼まれたテーマは「反乱」でこの作品のタイトルは「終わることのない闘い」。
またシンメトリや秘伝的なシンボルで遊んで見ました。

Ryanさんのご冥福を心よりお祈りします。

Tags: , , , ,

R.I.P. Ryan August

Earlier this week I received some incredibly sad news.
Ryan August of I Want Your Skull was killed in a car crash on Saturday July 11th.
He was driving home with his son in a storm when his car hit a tree.
Luckily his son survived with minor injuries but Ryan died on impact.

You have probably noticed Ryan’s name mentioned regularly on my site.
Though I have never met him in person, I felt like we had become friends through our email communications.
I was invited several times to contribute illustrations to his magazine and this culminated in our paper toy collaboration Skull King.
My illustrations for IWYS were the first time that I had had anything in print so it really meant a lot to me.
Ryan was also an enthusiast of Japanese tattoo culture and I used to enjoy sending him packages of bizarre books.

The internet is a strange place. Making friends over the net is great but hearing of their death in the same way is just bizarre.
My thoughts are with Ryan’s wife Sarah and his son Declan.

I hope to do some kind of artwork as a small tribute to Ryan in the near future as I cannot really think of any thing else I can do.

先週凄く悲しいニュースがありました。
「I Want Your Skull」のRyan Augustが11日に交通事故で亡くなりました。
家に帰っている途中嵐に襲われて木に衝突した。
息子さんも一緒に乗っていましたが運良く軽傷で済んだ。

このブログでRyanさんの名前を何回も見たと思います。
残念なことに直接会う機会はなかったものの、メールのやりとりで僕達は友達になったと感じました。
Ryanが編集している雑誌に3回ほどイラストを載せて頂いたり、先月合作のペーパークラフトシリーズ「Skull King」も完成したばかり。
初めて作品を雑誌に載せてもらったことは、僕にとって凄く大事なきっかけでした。
Ryanさんは日本のことに非常に興味を持っていました。
日本の刺青文化に特に好きだったので、色んなな珍しい本を彼に送ってあげるのが僕の楽しみだった。

インターネットというのは本当に不思議。ネットのおかげで色んな友達が出来たが、友達が死んでしまったことをネットで知るのは本当に変な気持ち。
Ryanの妻のSarahさんと息子のDeclan君の心痛を心よりお察し致します。

Ryanを追悼して、何かのアートプロジェクトを始める予定。

Tags: ,

Skull King Artist Customs

You may remember my Skull King paper toy that was released as an exclusive free gift with the last issue of I Want Your Skull magazine.
Well, Ryan of IWYS and I got together and decided to recruit some artists to customize my craft.
We ended up with 7 fantastic designs from various artists who have previously contributed to IWYS magazine.
This time all of the designs are available for free download and we have split the series into 2 sets, which can be downloaded exclusively from our respective sites.
Click the relevant image to go grab those Skull Kings!
There may be more to come in the future so keep ’em peeled.

数ヶ月前にスカルアート雑誌「I Want Your Skull」のために特別のペーパークラフト「Skull King」を紹介した。
おかげさまで好評だったので、色んなアーティストにSkull Kingのカスタムを作ってもらうことにした。
その結果7個の素敵なデザインができた。
参加してくれたアーティストはみんな以前IWYS雑誌にイラストを提供したことがある。
今回のデザインは2つのセットにわけて、1つは僕、ホラーウッドから、もう1つIWYSホームページから無料でダウンロード出来ます。
セットの写真をクリックしたらすぐゲット出来ます。
将来的に又デザインをリリースするかもしれないので、このブログを要チェック!

Tags: , , , ,

Skull King

I was once again kindly invited to contribute to the brilliant I Want Your Skull magazine by Ryan August.
This time however was extra special for me because Ryan offered me an interview and I created an original paper toy that is included as a gift with the magazine.
My craft is called Skull King and there are 5 different colourways that are distributed randomly.
I tried to design the craft so it would look equally attractive as a flat print that could be hung on the wall.
Issue 8 of IWYS includes 35 pages of artwork by some amazing artists and is limited to 250 copies.
Head over to the IWYS homepage to grab your copy now.
More detailed photos of Skull King can be found here.

Ryan Augustから雑誌「I Want You Skull」のために特別なペーパークラフトを作るという招待を頂いた。
そして今回はそれだけではなく僕のインタビューも載るということで、凄く嬉しかった。
クラフトのテーマはもちろんスカル。作品名はスカル・キング。
全部で5種類の色違いバージョンがあり、その中の1枚(色はランダム)が付録として入っています。
でも付録を切ってしまうなんてもったいないと思う人は、そのままデザインとして飾ることも出来ます。
雑誌では今回も世界の色んなアーティストの作品を紹介しています。
250部限定なので、早モン勝ち!
「I Want You Skull」はRyanのサイトから直接購入出来ます。
詳細写真はこちらへ。

Tags: , , ,

I Want Your Skull Seven

Several months ago Ryan August invited me again to contribute an illustration to his I Want Your Skull magazine. Of course I leapt on the opportunity and produced the illustration that you see here. This is probably the only non-papercraft thing I have done this year, so it is great to see it in print at last.

Putting this issue together was another labour of love and it looks like Ryan has once again produced a top class magazine. This issue comes in a custom envelope and includes a lovely serigraph art print by one of my favourite artists Drew Millward. The wrap-around cover is by killer skull artist Brian Morris.

Ryan has gone back to a small print run with this one. There are only 250 available so go grab ’em while they’re hot! Available directly from Ryan’s site here.

数ヶ月前にRyan Augustから「I Want You Skull」雑誌のためにイラストを描くという招待を頂いた。
もちろんこの機会を見逃さなかった。結果は上のイラスト。
今年に入ってペーパークラフト意外僕の唯一のイラストなので、雑誌のリリースを凄く楽しみにした。
今回の雑誌を作るのは大変だったらしいけど、相変わらず凄く豪華な一冊になっている。
格好いいロゴの封筒入って、僕の一番好きなアーティストの一人Drew Millwardが描いたシルク版画も付いている。
裏表のカバーイラストはスカルイラスト達人Brian Morrisの作品。
Ryanのサイトから直接購入出来る。250部しかないので、今回は早モン勝ち!

Tags: , ,

The Art of Skulls

Last week I received a batch of the latest issue of “I Want Your Skull” magazine from my friend Ryan August.
As I mentioned before, my illustration features in this issue so I was suitably excited to get my paws on the magazine.

Though I do say so myself, I think this issue is one of the best so far. For this issue Ryan decided to go with only illustrations and no articles and I think this was a good decision, as it makes for a very pure and clean aesthetic.

The magazine is available directly from Ryan through the I Want Your Skull website, and also from me if anyone happens to be in Japan.

Below is the illustration that I submitted for this issue, entitled originally enough “I Want Your Skull”.

先週ネット友のRyan Augustさんから、雑誌「I Want Your Skull」の最新号を何冊か送って頂いた。
前にお知らせした様に、今回は僕のイラストが載っているので、もちろん出版されるのを楽しみに待っていた。
自分で言うのも何だけど、この号もかなり面白いものとなっている。
今回はRyanさんは、あえて文章なしのオール・イラスト版にした。
新鮮で美学的な印象があり、大成功だと思う!

興味ある方はRyanさんのウェブサイト「I Want Your Skull」から直接注文できます。
もしくは日本にいらっしゃる方は、僕の方からも注文可能です。

以下は本号に載っている僕のイラスト。
題名はもちろん「アイ・ウォント・ユア・スカル」。

Tags: , , , ,

I Want Your Skull

この間、アートサイト「I Want Your Skull」のRyanさんから突然メールを頂きました。
その内容は次の雑誌のためにイラストを描くという招待状でした。
もちろんメチャ嬉しかったんだけど、同時にちょっと緊張感が沸いて来ました。
なぜかというとその雑誌のイラストのレベルが非常に高くて、毎回有名なアーティストも参加しているから。
でも腕試しというか、テクニックを磨くチャンスだと思ったので早速、絶対参加させてもらいたいという返事を出しました。

今週イラストが完成し、雑誌の高い基準を満たす作品になることを望んでいます。
計画通りに行ったら、僕のイラストは今度の雑誌に載せてもらえます。とりあえず、そのデザインをちょっとだけ披露します。

Ryanさんは濱田くんが作ってくれたSkullboyのフィギュアについてもアップしてくれました。そのポストはこちら

A few weeks ago Ryan from I Want Your Skull surprised me with an invitation to submit some artwork for the next issue of his magazine. I was of course delighted but at the same time a little apprehensive, as the quality of the work found in the magazine is exceptional and there are usually many well known names in the lineup. However I took it as an opportunity to raise my game and have just completed a piece that I hope meets the standard of the magazine.

All being well my piece will feature in the next issue of I Want Your Skull. In the meantime here is a sneak peek of my illustration.

Ryan also kindly posted about Hamada’s Skullboy toy, which can be seen here.

Tags: , ,

Skulls, skulls, skulls


皆さん気が付いたと思いますが、僕はスカルの大ファンです。なぜかというと、スカルはホラーの基本のイメージの一つだと思ってるから。平凡なイメージにスカルを足したら、雰囲気が完全に変わる。なので、この間スカルイラストを描こうと決めた。新しいテクニックも試してみたくて、結果は上のイラスト。

最近スカルをテーマにしてる面白いサイトを2つも発見した。一つは「I Want Your Skull」。このサイトでは色んなアーティストのスカルアートを紹介する。それから、サイトの制作者Ryan Augustさんが選んだイラストを特集にしてる高質な雑誌もたまに出版してる。Ryanさん自身もイラストレーターで、彼のサイトはこちら。この間、僕のアートを紹介して頂いて、そのおかげでスカルアートをもっと描きたくなった。

2番目のサイトは「Skull-A-Day」。このブログではアーティストのNoahさんは毎日自分のオリジナルスカルアートを一枚紹介している。これはすごいことだと思う。なんと今までの作品は300枚を越えてる!毎日全く違うアートを出してるにもかかわらず、クォリティーが凄く高くて、Noahさんがいったいいつ寝てるのかは謎です。

As most readers will have guessed I am a big fan of skulls, as I feel they are one of the classic key elements of horror imagery. Adding a skull to an otherwise mundane image can completely change the whole feel of the piece. This week I wanted to come up with a skull-based piece and also felt like trying out some new techniques. The result is the above illustration.

Recently I also came across a couple of interesting skull sites. The first one is called I Want Your Skull, which introduces skull and skeleton based work from a wide range of artists. A couple of times a year they also produce a very high quality fanzine containing some of the author Ryan August’s favourite pieces. Ryan is also an artist in his own right and you can see his work here. He was also kind enough to feature some of my work this month which inspired me to do more skull pieces.

The second site is called Skull-A-Day and is a blog where author Noah introduces a new piece of his original skull-based artwork every day. It is quite an achievement to say the least, and he has now produced work for over 300 days! All of the pieces are of a surprisingly high quality so it is difficult to imagine that the artist has any time to sleep at all.

Tags: , , ,