Horrorwood is Jack Hankins, a British illustrator and paper toy designer currently living in Japan.
Jack likes to draw nasty beasts of all varieties.
A more detailed profile can be found here

You can contact the artist at info(at)horrorwood.info or through the contact page.

Posts tagged "Toys"

Insignia

A little while back I made a chance encounter with a guy called Chris Rauen through a toy trade.
It turns out that Chris is a very proficient custom figure maker and is currently working on a set of Japanese themed pieces. The theme for the customs is a modern take on feudal Japan, mixing ancient and modern warfare imagery.

When Chris heard that I was an illustrator and knew about Japan, he asked if I’d be willing to come up with some insignia for his characters. As a figure enthusiast I was happy for the chance to work on such an interesting project and set about designing some logos.

Chris’ 3 characters are called “The Fox”, “The Hound” and “The Wolf”. I took my inspiration from Japanese family crests and came up with a set of insignia for each character. I used images of animals from Japanese traditional artwork and religious statues.

I tweaked the results to Chris’ liking and the results can be seen here. The customs are apparently close to completion and the next step will be to integrate my logos into the designs somehow. I will report back when the figures are finished for the full reveal.

少し前に、フィギュアの交換がきっかけで、Chris Rauenというアメリカ人と出会った。
偶然にも、Chrisさんの趣はがカスタム・フィギュアを作ること、しかもかなりハイレベルな物を作られている方ということが分かった。
今は、日本の戦国時代と現代戦士のミックスをテーマにしているフィギュアを3体作っているそうだ。
僕が日本在住のイラストレーターと聞いたChrisさんは、是非そのカスタムのためにエンブレムを描いてほしいと頼んできた。
フィギュア大好きな僕にとっては面白そうなプロジェクトだったので、早速ロゴを作って見ました。
その3つのキャラクターの名前は、「The Fox」(狐)、「The Hound」(犬)、と 「The Wolf」(狼)。
日本の家紋や昔の動物のイメージ、彫像などをベースにして考えました。
Chrisさんの意見を聞きながら、少しデザインに調整をかけ…できたのがこちらのロゴ。
フィギュア自体は完成に近いらしく、次の段階は僕のこのロゴを加えること。
また仕上がったら、ここで公開します。

Tags: , ,

Dolly Oblong x Horrorwood

Without meaning to show bias, for me one of the stand out cars in my Calling All Cars series was
Dolly Oblong‘s “Jimi” from the first series.
When Dolly launched her Paper Totem series I leapt on the opportunity to reciprocate with a design of my own.
To take things a step further a few months ago I approached Dolly to enquire about the possibility of her making some exclusive Horrorwood plush toys (her other speciality apart from paper).
She kindly agreed and the results are what you see here.
There are 2 colourways of what I have dubbed “Horror Cat”, and 1 of “Horror Bunny”.
For these toys, Dolly took 2 of her existing designs and created these special Horrorwood colours with faces taken from some of my illustrations.
I will be opening the official Horrorwood online store sometime soon and these will be some of the opening products on offer.
Watch this space.

贔屓目に見るとか関係なく、個人的に「Calling All Cars」シリーズの中ではDolly Oblongがデザインした第1シリーズの「Jimi」が本当に飛びぬけて目立っていると思う。
素晴らしいデザインのお返しに、Dollyのオリジナル・シリーズ「Paper Totem」にデザインを提供させてもらった。
Dollyはペーパークラフト以外でも、とても可愛いらしいぬいぐるみも手作りしたりしている。
それを見て僕はいつかHorrorwood限定のぬいぐるみを作ってもらえたらいいなと思ってた。
Dollyにその提案を出したら、話にのってくれ、なんと、ここに紹介している可愛いネコとウサギを作ってくれた。
他の作品をベースにしたものに僕が選んだ色と僕のイラストから取った顔の表情を足してくれた。
近々Horrorwoodのウェブ・ストアをオープンする予定で、このぬいぐるみは最初の商品になる。
お見逃しなく!

Tags: , ,

Secret Base


Secret Base is a Japanese toy maker who up until now I have had little interest in.
The company has admittedly gained a legendary status as being one of the first to produce the new wave of “designer” vinyl toys. My beef with the company is that they only seem to have a handful of designs that they churn out endless versions of in different colours, each time with a hefty price tag.
The trendy label that they have earned for themselves however means that each time people are clamoring to get their hands on a “new” release.

This bias of mine was recently reversed a little when I was able to cheaply purchase a blank version of one of Secret Base’s staple figures, “Skullbee”. The unpainted version revealed that the sculpt of the figure is actually really nice; clean, smooth lines and good proportions. My main reason for getting the toy however was that it provided me with an opportunity to try my hand at a custom paint job for the first time.

I kept the whole thing very simple to avoid making a mess of the whole thing, using model paints, pens and some transfers. I am generally pleased with the result, but even a simple custom like this was not easy so I don’t think I’ll be doing another one for a while. I will probably use my Skullbee as part of my display at my next exhibition.

日本のフィギュアメーカー「シークレット・ベース」ははっきり言って今まであまり興味なかった。
確かに元祖”デザイナーズ”トイメーカーとして伝説的にな存在だ。
でも、僕の「シークレット・ベース」に対するクレームは、色んな色違いバージョンで同じデザインを延々にリリースすること。
値段も決して安いわけではないにもかかわらず、おしゃれなブランドになっているので、毎回完売する。

とはいうもののシークレット・ベースに対する偏見が最近少し弱くなってきた。
なぜかと言うと定番フィギュアの一つ「スカルビー」が安く手に入ったから!
自分でペイントできる真っ白の無地バージョンだったので、実はとても良い作りであることに気が付いた。
形やラインがシンプルで綺麗で、無駄のないデザイン。
でも、僕のコレクションのために買ったってわけではない。
カスタム・フィギュアに挑戦するため。

せっかく手にしたものを台無しにしたくなかったので、デザインはできるだけシンプルにした。
プラモデル用のペンキ、ペンやデカールシールだけを使った。
結果には結構満足しているけど、こんなシンプルなデザインでも手間がかかったので、しばらくカスタムを作らないと思う。
出来上がったスカルビーを次の展示会で飾りとして使おうかなと思っている。


Tags: ,

Skills to Pay the Bills

昨日Gravityのメンバー嶋谷と濱田が家を訪ねてくれた。
着いてすぐ、浜田君に小さい金属の箱を渡された。開けたら、凄い物が入っていた:
オリジナルな手作りSkullboyフィギュア!!

前の展示会で僕のイラストをフィギュアに出来たら最高だという話をしていて、
知らない間に濱田君が苦労してそのフィギュアを作ってくれた。
僕の大好きなベアブリックをベースにして、手作りのパーツを付けて改造したらしい。
このフィギュアをいっぱい作れたらいいな~と思った… 玩具メーカーの方がこれを読んだら連絡ください。

ちなみに、次のGravity展は10月13日~19日に開催する予定。詳細は後ほどアップします。

Fellow Gravity members Shimatani and Hamada came to visit us the other day.
On arrival Hamada produced a little silver box and announced that he had something for me.
I am now the proud owner of a one-off, hand-made Skullboy figure!

We had talked at the last exhibition about how cool it would be to turn my Skullboy illustration into a figure, and unbeknownst to me Hamada has been quietly working on this little fella for many months.

The base is a Be@rbrick (one of my favourite toys) onto which Hamada grafted and sculpted new parts.
I only wish there was some way to turn this into a production piece. If there are any toy manufacturers out there, please get in touch.

The next Gravity show is planned for October 13th-19th. Details to follow.

Tags: , ,

The Troll

大きなおもちゃはたくさんあるけど、これぞ正にビッグなヤツだ!
ジェームス・ジャービスのコミック「Vortigern’s Machine」から出て来た「The Troll」は確実にビッグ級に入る。

このシリーズのフィギュアは他に全て揃っていたものの、こいつはあまりにも大きく、高級なモノだったので、最初は手にすることを諦めてた。ところが、またネットオークションのおかげで(せいで?)半額で手に入るチャンスが現れたので、嫁からの大事な許可を得て、購入をしてしまった…

こいつが届いて、実際に目の前にあったら、サイズに本当にビックリした。「スペースないから、大きいのは買わないで」と言ってた嫁に深くわびる… The Trollは小さい子供とサイズが変わらず、箱に入ったら更にビッグ。証拠として、以下の写真を撮って、彼を屋根裏に追放した。

いつか自分のおもちゃ専用部屋を持つのを楽しみにしている。その日が来たら、The Trollと彼の仲間を飾る予定です。

There are big toys and then there are BIG toys. James Jarvis‘ “The Troll” from his comic Vortigern’s Machine definitely falls into the BIG category. I own all the other figures in this series which are already on the large size and had resided myself to the fact that I would never own this bad boy, because of both his size and cost.

However once again internet auctions provided me with an all too tempting opportunity to get The Troll for half price. After the necessary consultation with my wife I made the purchase.

When he arrived and I beheld him in all his glory even I was taken aback and had to apologise profusely to my wife. The Troll is the size of a small child and his box he is truly massive. I took a few photos as evidence and then he was banished to the loft. I am looking forward to the day when I have that “toy room” I have always dreamed of and have enough room to display The Troll and all his buddies.

Tags:

Finnish Rarity

今年の初めにおもちゃを買わないようにすると約束したけど、このセットがEbayのオークションで現れた瞬間、その約束を早速破ってしまった…(恥)

言い訳をすると、これはジェームス・ジャービスの「In-Crowd」シリーズの中の一番レアなセット。数年前に、携帯メーカーNOKIAのビジネス客への特別景品として作られたので、一般的に発売されてなかった。

このセットのテーマは「オフィスのステレオタイプ」で、普通の事務所で見る様な人間を描いている。ジェームスの他のキャラクターと比べたら、やっぱりわざと地味な感じにしているけど、相変わらず細かく出来てる。この味の薄さもある意味魅力だと思って、あえて平凡すぎるチェアのフィギュアというのは面白い。

My new year’s resolution was to stop buying toys, but when these popped on Ebay I had to break my rule.

In my defense this is the rarest release in James Jarvis‘ In-Crowd figure series. It was produced a few years back as a special gift for Nokia customers and was as such never on sale to the general public.

This set is called the “Office Archetypes” and depicts characters that you can find in a typical office. Though a little blander than James’ usual creations, the attention to detail is as high as ever and I even have a soft spot for the chair because of the fact that it is so daringly bland.

Tags:

The Illustrated Yod

今月、僕の大好きなイギリス人アーティスト、ジェームス・ジャービスがイラスト集を出した。この本のリリースの記念として、ジャービスのステキなモンスターのイラストが付いている超限定YODフィギュアも同時発売。本はすごく立派で、2002年~2007年に描いたスケッチのコレクションが載っている。本もいいけど、やっぱりYODのフィギュアは最高!!

実は、僕はまたちょっとわんぱくになって、このセットを自分へのクリスマス・プレゼントとして買っちゃった...大人買いって危ないよね~。でも、本にはジャービスの直筆が入ってたので既に僕にとって宝物になっている。

To celebrate the release of James Jarvis’ Selected Drawings, Amos Toys released a very limited edition Yod figure covered in James’ wonderful creature designs. The book itself is a magnificent tome, full of the artist’s original sketches from 2002-2007, but for me the Yod figure is the icing on the cake.

I was a bit naughty once again and treated myself to this set for Christmas…
The book is also signed by the man himself, making it a definite jewel in my collection.

Tags: ,

Spawn

長い間、本格的な「アクション・フィギュア」を買っていない。最近は大人コレクター向けのいわゆる「デザイナーズフィギュア」ばかり。だけど、この間アクション・フィギュアの世界に再び戻っちゃった。きかけは有名アメコミ「スポーン」の新シリーズ、「The Adventures of Spawn」。

実は昔スポーンが好きだったけど、最近あまり興味ない。なぜかと言うとMcFarlaneの他のフィギュアと同様、スポーンのフィギュアはたいてい細かすぎて、そのせいで見た目はちょっときたないと思う。だけど、「The Adventures of Spawn」のシリーズにはMcFarlaneはもっとスムーズで漫画チックなものを作った。

今回登場するヤツは殆どスポーンの定番キャラクターで、このキャラクターを新しくリミックスしたって感じ。僕の一番好きなキャラクターは相も変わらず「The Creech」。

フィギュアと共に、ウェッブ上で無料で読めるコミックもあるので、見てみて下さい。

For a long time I have not bought what I would call a real “action figure” and have focused more on so-called “designer figures”. Recently however I was tempted back to the world of action figures by one of the new Spawn series, “The Adventures of Spawn”.

I have not been interested in Spawn figures for a while because (like other McFarlane toys) they tend to be over detailed and I dare say rather messy as a result. With The Adventures of Spawn, however, McFarlane has gone for a sleeker, more cartoony feel and the resulting figures are in my opinion wonderful.

Most of the toys in the series are reinterpretations of past Spawn figures, and my favourite of the bunch is “The Creech”, who has long been my favourite McFarlane creation.

There is also a free online comic book to go with the series, which is well worth a look.

Tags:

More YOD!

YODの超限定白バージョンのPR映像を紹介したい。
「この白いヤツは何が違う?」
「手の形が違うんだよ!」
こういう細かい違いが僕達のフィギュアマニアにとって凄く大事...

Here is a new promo film for the exclusive white colourway of Yod.
What makes him so special you ask? He has different hands!
These things make all the difference for helpless collectors like myself…

次は有名なデザイン雑誌Creative Reviewによる、ジェームス・ジャービスとのインタビュー。
ジェームスはフィギュアのデザインプロセスについて語る:

This is a link to a Creative Review interview with James Jarvis detailing
the whole toy production process:

http://www.creativereview.co.uk/crblog/the-birth-of-yod/

次は僕の日本人読者のための短い記事:

and another short article for those that can read Japanese:

http://www.honeyee.com/news/2007/art/029/index.html

最後はYODの今後の活動(?)とジャービスの新イラスト集に関する情報:

Lastly a sneak peek at the future of Yod and the new James Jarvis illustration collection:

http://www.vinylpulse.com/2007/10/james-jarvis—.html

以下はジャービスが2年位前に最初にスケッチしたYOD:

This is the original sketch of Yod drawn over 2 years ago by James:

Tags:

YOD!

おもちゃタイムだよ!
今回は無敵なヤツ、YOD(ヨッド)を紹介したい。
ヨッドは僕の一番好きな英国人アーティスト、ジェームス・ジャーヴィスによるニューキャラクター。
しかし、こいつのシンプルな見た目に騙されるな!ヨッドは以外と深い歴史があるらしい。
その体の形は複雑で、神秘的な数式によってデザインされたもの...
どっちみち、そのシンプルなデザインは昔の子供テレビキャラクターを思い出させる。
ジャービスはシンプルなラインで、味わい深く、可愛いキャラクターを作る天才だという証拠になると思う。
イギリスではもう既に売り切れになったが、Amos Toysの新しい日本のネットショップではまだ購入可能。
色違いで6つの美味しそうなフレーバーがあるよ!

It’s toy time again.
This time I present to you the mighty Yod!
Yod is the latest creation from my favourite British artist James Jarvis and was produced by Amos Toys.
Despite his simple appearance Yod has a wealth of back story. Yod’s shape was apparently produced using a complex and mystical mathematical formula…
Either way, Yod’s simple design brings back memories of childhood TV characters and showcases Jarvis’ ability to create lovable characters with the simplest of strokes.
Though sold out in the UK, Yod can still be purchased from Amos Japan and is available in 6 tasty flavours.

Tags:

el

日本のフィギュア・デザインの質は最近信じられないぐらい高い。
昔、高級のアイテムにしか見れなかったディテールのレベルが、今普通の値段のものにもある。
今回紹介したいフィギュアが良い例だ。原型製作者、矢竹剛教のオリジナルフィギュア「el」。
この様なフィギュアは普段買わないけど、キャラクターデザインやクオリティーがあまりに高かったのでぶっ飛ばされた...
このフィギュアはORGANIC社によって販売され、伝説のオモチャ会社「海洋堂」が制作したもの。

The quality of figure design in Japan recently is ridiculous.
A level of detail that used to be reserved for high-end “statue” figures can now also be found in regular price figures.
Case in point is the figure I present here, an original character named “el” created by sculptor Yoshinori Yatake.
I do not usually purchase this kind of figure but the quality of production and character design blew me away.
The figure is distributed through a relatively new company Organic and manufactured by legendary toy maker Kaiyodo.

Tags:

Bearbrick 14

Medicom Toysが今月ベアブリックの新シリーズをリリースした。
これは僕にとっていつも楽しくて、ちょっぴり危険な時期だ。...
なぜかと言うと、ベアブリックだけは毎回箱買いをしてしまう。
ベアブックの箱がクローズタイプなので、何が入っているか分からず、レア物が当たる可能性があるからだ。
前回と比べたら、今回はそんなにラッキーではなかったけど、基本のフルセットが揃った。

今回のデザインはあいかわらずバラエティ豊かで、興味深い。特に純金のベーシックベアがシンプルで面白いと思った。

スペースがないので、そろそろオモチャ集めをペースダウンしようと思ってるけど、ベアブリックみたいなやつのせいでなかなか出来ない...
まぁ、ベアブリックはちっちゃいけどな...

The release of a new series of Medicom Toys’ Bearbricks is always an exciting if not dangerous time. It is the only time when I go truly overboard and buy a whole box of the things. The reason being that they are blind boxed and a whole box brings the possibility of a lucky find. This time I was not as lucky as the last, but I did manage to get a basic full set.

The range of designs in this series is as intreaging and varied as ever and I particularly like the simplicity of the pure gold “Basic” bear.

I am planning to cut down on my toy consumption in the near future as I really am running out of space, but things like Bearbricks make it hard. At least they are small I suppose…

Tags: